第75回セミナーのご案内

<第36回 九州地区>     資料はこちらからダウンロードして頂けます


演  題  犯罪・交通事故等の被害者にならないために「自分の身(命)は自分で守ろう」

開催日時
平成30年4月20日(月) 9:00~11:00(60分)
開催場所
宮崎市内 平和台公園第2駐車場
雨天の場合は(宮崎市金崎2953番地 社会福祉法人 吉野福祉会 吉野保育園駐車場)
受講者
送迎バス運転手及び補助員 約8名
参加費
無料
申込法
吉野保育園園長 川越・武藏(電話 0985-41-1138)
講 師
日本防犯安全振興財団 専任講師 西本正弘


【防犯セミナーの研修内容】


1 はじめに(犯罪・交通事故等の被害者にならないために)
 防犯、交通事故防止訓練の必要性について
   ・犯罪は忘れた頃にやって来る。
   ・事件事故事例紹介(送迎車の事故事例)
 

2 日頃からの考え方で犯罪も交通事故も防止できる。
  ・「まさか」と「もしかしたら」の差
   いざと言う時に体が動くためには、日頃から「まさか」ではなく「もしかしたら」という意識で、危機感を持つことが大切である。
  ・犯罪及び交通事故を防げた事例を紹介する

3 送迎バス運転時の注意事項と補助員の役割り
(1)災害(地震・津波)に対する注意事項
  ・広い道路に駐車(橋の上には止めない)、 キーは付けたまま、園児の誘導
   日頃から避難場所を決めておくこと等について説明
(2)事故発生時の措置について
  ・負傷者の救護、 警察に対する通報、相手の連絡先確認、目撃者の確保
   現場保存要領、 必要なことはメモすること等について具体的に説明 
     
4 現場保存の要領(衝突位置、スリップ痕などのチエック要領)
  ・車両を移動する際に現場を保存する方法について実習訓練をする。
 
5 ヒヤッとした事例の紹介と検討
  各人が経験したことを発表し、皆で検討する。

以上



【第74回セミナー報告】


平成30年4月20日(金)開催の九州セミナーは、吉野保育園の送迎バス運転手及び補助員8名の方にご参加頂きました。雨天もなく宮崎市内 平和台公園第2駐車場で実施しました。
突発的な事件事故は多発する中、保育園の送迎バス運転時の交通事故も大きな事故に繋がります。
今回も事故によって犠牲者が出ないように、送迎バス運転手及び補助員を中心とした防犯セミナーを開催します。
車外での写真は、交通事故が発生し、車両を移動する際の現場保存の要領実習状況です。
実技を交えての講話は大盛況の内に終了しました。
                                      以上




資料はこちらからダウンロードして頂けます。


参加希望の方は下記までご連絡をお願いします。
公益財団法人 日本防犯安全振興財団
TEL:03−3846−8340 FAX:03−3633−0199 E-mail:info@jsecf.org